<< 「たまゆら」火災 理事長ら起訴 改善進まぬ老人施設(産経新聞) | main | 雨の啓蟄、飛来する春…チョウ乱舞(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


山下清展 放浪中の日記なども公開 堺で開幕(毎日新聞)

 「日本のゴッホ」とも呼ばれ、郷愁を誘う貼絵(はりえ)による風景画で多くのファンを持つ山下清の作品や山下の人物像に新たな光を当てる「放浪の天才画家 山下清展」(毎日新聞社など主催)が4日、堺市東区北野田の東文化会館文化ホールで開幕した。

 貼絵に目覚めた10代前半から晩年に至る貼絵作品を中心に、油絵、ペン画など多様な作品約140点を展示。劣化しやすい貼絵は修復作業が進んでおり、代表作「長岡の花火」など8点は当時の鮮やかな色合いでよみがえった。また、遺品や家族の証言、放浪中の日記など多様な資料を公開、天才の知られざる姿を垣間見ることができる。

 4月11日まで。水曜休館(31日は開館)。入場は午前10時〜午後5時。大人500円▽大高生300円▽中学生以下無料。【手塚さや香】

【関連ニュース】
ものの始まり・なんでもなにわ:/24 マジックインキ /大阪

<琵琶湖文化館>休館中なのに寺社から寄託相次ぐ 仏像盗難防止も(毎日新聞)
積極財政を数年継続=財政再建は「その後」に−菅財務相(時事通信)
学習院が会見「直接暴力行為はなかった」(産経新聞)
<鳥取連続不審死>上田被告、運転手強殺容疑で再逮捕 (毎日新聞)
チリ地震の揺れ、ぐるり5周=自転速度も変化−東大地震研など(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 14:28
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
リンク
ショッピング枠現金化
競馬サイト
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
情報商材
探偵社
出会いランキング
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM